【ぶれずに新しいことをやり続ける①】

FP行政書士の鹿内節子です。
わたしは、表面的にはいろいろなことをしている人に
見えますが、自分の中では、首尾一貫して【新しいことに
チャレンジする】のでぶれていません。
新しいことをするには勇気がいりますね。
物を買うときに、「他の人はどうですか?」
と聞く人がいます。

「これが一番人気ですよ。」といわれるとそれにするのが
無難だと思い、安心するのがふつうの人。
25年前に外国人ビザ業務をするために行政書士に
なりました。

その時、男性先輩行政書士に、「外国人相手なんて
危ない!金にならない。やめておきなさい」と言われました。
友人にも「外国人がたくさん日本にくると、困ることが多い」
(明治時代の人か?)といわれました。

でも、やってもいないのにわかるんですか?と
言いたかったですが、そこは大人なので流して
おきました。

25年たった今、外国人ビザを取る仕事は、行政書士の
仕事と社会から認知されています。
<先を見越して、新しいことをする> にはエネルギー
がいります。
でも、先行者利益があるのです。時流に乗ること
も大切。
個人でも士業も経営者も、「新しいことに
取り組む」と楽しいですし、成長します。

14364781_691857657632247_3682824105927736029_n

しかうち事務所

【アポスティーユ認証は奥が深い】

FP行政書士の鹿内節子です。
海外に提出する日本の書類は、法務局、外務省などのアポスティーユ認証が必要なんです。書類が多岐にわたるので、わたしは公証人さんと、相談しつつ提出しています。会社関係や金融関係など海外との関係業務が多くなっているのでさけられない仕事です。行政書士はこんな仕事もしています。

__-10

しかうち事務所

【和食創作料理屋さんは英語が話せなくて損をする】

FP行政書士の鹿内節子です。
昨夜、人気があるので、予約がないと座れないお店に行ったんですが、入口で外国人男性が「8人いるけど席はありますか」(英語)店のバイトさん、「満席でとれません」(日本語)互いにこれを繰り返すだけなので、らちがあかないから、ヘルプでしゃしゃりでました。簡単な中学英語だからだれでもできます。これからは、和食を試したい外人は、逃がしてはもったいないです。今日はだめでも、都合のよい日を聞くとか、お店のファンをふやす努力が大切。(簡単な英語会話も必要)。指さし英会話を受付に置くとかね。

14238168_689513297866683_6287539090305679308_n

しかうち事務所